秋田を旅したい

秋田市の小旅行をしています。たまに遠出もします。

秋田県立図書館 スロープ展示「秋田県誕生150年記念展」(秋田県秋田市)

 今年は秋田県誕生150年という事で、公共施設などで記念展などが行われています。

今回は、秋田県立図書館の記念展、「秋田県誕生150年記念展」の紹介をして行きたいと思います。

 

 

f:id:murabitosonoiti:20210831212935j:plain

 

 

 

 

f:id:murabitosonoiti:20210831213013j:plain

この展示は、スロープ展示という事でスロープ沿いにあります。

 

 

 

 

f:id:murabitosonoiti:20210831213039j:plain

f:id:murabitosonoiti:20210831213047j:plain

 二階から下って行くのが順路になっているようです。

まずは明治大正時代の資料が置かれています。

1871年に現在の秋田県が誕生し、1912年に白瀬中尉が南極大陸日章旗を掲げたので、その関係書籍が並んでいます。

www.apl.pref.akita.jp

 

 

 

 

f:id:murabitosonoiti:20210831213216j:plain

次は戦前の秋田です。

1935年の大館駅前にハチ公像が設置されたので、その関係が書籍が並んでいます。

 

 

 

 

f:id:murabitosonoiti:20210831213309j:plain

さらに時代が下って昭和の書籍です。

1953年の秋田初の国体~1977年の八郎潟干拓開始関係の書籍が並んでいます。

 

 

 

 

f:id:murabitosonoiti:20210831213327j:plain

 昭和は分割されて②もあります。

1981年の秋田空港関係~1987年の落合博満選手の書籍が並んでいます。

 

 

 

 

f:id:murabitosonoiti:20210831213337j:plain

平成①です。

1993年の世界遺産登録された白神山地~1997年の秋田新幹線開業の書籍が並んでいます。

 

 

 

 

f:id:murabitosonoiti:20210831213347j:plain

 平成②

 2001年のワールドゲームズ秋田~2018年の金足農業高校の準優勝までの書籍が並んでいます。

 

 

これだけの秋田県関係資料を見る機会は中々無いと思いますので、是非一度見に行かれては如何でしょうか。

閲覧室でも秋田県誕生150年記念の資料を見ることが出来るそうなので、お立ち寄りの際には併せてみて行かれると良いと思います。

www.apl.pref.akita.jp